数字のいろいろ

from:本多康裕

人生いろいろ。数字もいろいろ
数学って得意ですか?

僕は算数はかなり得意だったんです。
公文もやっていましたしね(笑)

でも数学の三角関数とか証明とかが出て来たら不得意どころか、嫌いになってしまいました。

また、周りの大人が、数学なんてできなくても全然困らないとか、開き直るのですよね。
僕もそうだよね~って甘えてしまっていました・・・

もっと若いときに勉強しておけばよかったです。

ピタゴラス教団の話とか、フェルマーの最終定理とか、オイラーの公式とかすごいワクワク感は伝わってくるのですが心底理解するのは到底不可能です・・・

こんな僕なんで、数学の話はできません。
そこでビジネスに使える数字の話をしたいと思います(笑)

最悪の数字

1は最悪の数字である

と、ダンケネディは言いました。

ダンケネディとは、アメリカのコンサルタントで彼の1日のコンサル料は、なんと130万円以上というビッグな方です。
そんな彼が、1というのはビジネスでは最悪の数字だと何度も言っています。

1つのメディアではリスクが多すぎる。
1つの取引先ではリスクが多すぎる。
1つの集客方法ではリスクが多すぎる。

考えてみたら当たり前のことなんですが、ビジネスやマーケティングではこの当たり前がわからなくなってしまう会社が多いんです。

まずは1を2に増やしてみることから始めるという考え方があるということですね。

素数

素数って知ってますか?
英語だとprime numberというらしいです。

数学に詳しい友人から教えて貰ったんです。
素数というのは、1とその数字自身でしか割り切れない(約数を持たない)数字のことを言うんです。

例えば100までの数字だと
2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47, 53, 59, 61, 67, 71, 73, 79, 83, 89, 97になるそうです。

これを知ったとき、あのブームになった「7つの習慣」も素数だし、ロジカルシンキングで使う3つの証明も素数だし、「101匹わんちゃん」も素数だしなんでこうも素数が多いんだ!
とビックリしました。

また23番はマイケルジョーダンですし、13はあの13日の金曜日だったりもします。

不思議ですよね?
素数というのは、ビジネスで使えそうですよね?

完全数

英語だとperfect numberというそうです。かっこいいですね(笑)

完全数とは、その数自身を除く約数の合計が、その数自身と等しい自然数のことです。

6の約数は、1.2.3になりますよね?
で1+2+3の合計が6ですから完全数ってことです。

28もこの完全数で約数は1.2.4.7.14になりますよね?
そして1+2+4+7+14の合計が28になります。

他にも、496, 8128, 33550336, 8589869056が完全数です。

神が6日間で天地創造したとか、月が28日周期で地球を一周するとかこの完全数も神秘的な数字なわけです。

高級チョコレートとかでも6個セットとかのものって売れ筋商品だったりしますし、なんかよい数字なのかも知れませんね。
横山光輝さんの鉄人28号とか、ヒットに結びつく数字なのかもしれませんね。

まとめ

数字だけでも色々面白いんですよね。

友愛数とか、過剰数、不足数とかいろんなのがありますからね。

何かヒットの法則のようなものがあるかも知れません。
ちょっとしたロマンですね(笑)

コメントを残す




CAPTCHA