企業はどう活用するべき?3大SNSの特徴とその使い分け方!

from:本多康裕

今現在やらなきゃいけないSNSとは?

一口にSNSといっても、その形はさまざまですよね。
今現在、主な有名SNSをあげるとしたら、Twitter、Facebook、Instagramの3つです。

これらは3大SNSと呼ばれています。

今回は、これら3つのSNSの特徴と使い分け方を紹介します。

それぞれの特徴

Facebook

実名制になっていることから、他の2つよりは、投稿が慎重になりがちです。

ネットというより、リアルな人間関係を持つイメージですね。

Twitter

140文字という短い文字数で、構えずにすみます。

ブログよりもお手軽に投稿できる場所……
ですが、文字数が短いことから逆に難しいという意見もありますね(笑)

リツイートを繰り返されることによって、どこまでも広がっていくので、一番拡散力が高いです。

Instagram

写真がメインで文章を打たなくても良いので、言語を持たないコミュニケーションが成り立ちます。

それぞれの使い分け方

Facebook

Facebookは表示順序が時系列ではありません。
フィードには、友達の投稿のみではなく、友達が「いいね!」やコメントをした情報が流れてきます。

そのことから、投稿のタイミングだけでなく、投稿した後の評価も大事になってくるでしょう。

良質なコンテンツを出すことができているか、SNSへの導線がスムーズかなどを注意すると良いですね。

「いいね!」やコメントなど、ユーザーが参加しやすい投稿を心がけるべきです。
一度投稿すれば、一定時間表示されるため、企業のニュースをストックしておくには最適

Twitter

投稿が時系列に並び、フォロワー全員に届きます。
Facebookとは異なり、投稿をするタイミングが大事になってきます。

Twitterで重要なことは、投稿した内容がどんどんリツイートされて、全く知らない人にまで届くことがあるということですね。

このオープンさを意識しておくべきです。

逆に、興味をもってリツイートされなければ、話題になりません。
どのように話題作りをしていくかということが大切です。

Instagram

フォローしている人の写真しか、フィードに流れてこないので、見つけてもらうにはハッシュタグを付ける必要があります。

ユーザーはそのハッシュタグをたどって他の人の写真を見に行きます。

ユーザーは企業アカウントを積極的にフォローしてくれる傾向があります
写真のクォリティが高ければ、新しくファンを手に入れることができ、情報を拡散することが可能です。

楽しい写真を意識して投稿していくことが重要です。

まとめ

いかがでしたか?

3つのSNSの特徴と使い分け方の理解が深まりましたか?

他にも多くのSNSはありますが、この3つのSNSは大切なので、押さえておくと良いですね。

コメントを残す




CAPTCHA