見込み客の苦手を考えるとビジネスチャンスがやってくる

from:本多康裕

チェンジandチャンス
あなたは嫌いな食べ物とか苦手なものってありますか?

僕は子供の時から好き嫌いはあまりないと信じていたんです。

でも、大人になり友達のうちに泊まりにいった時、食卓にあるものが並びました・・・

それは、明らかに臭いを放っていました。
ちょっと気持ち悪くて、体調も悪くなってしまったんです。

「それ」とは、納豆です。

そんな状態だったので、やはり一口も食べることが出来ず、せっかく作ってもらった朝ごはんも気持ち悪くなってしまったので、少し残してしまう始末・・・
実家では、誰も納豆を食べていなかったので、初めての経験でした。

ご飯を残すなんて、僕はほとんどないんですがね・・・

あなたは、納豆食べれますか?

僕としては、なんとか納豆を食べれるようになりたいんです。

匂わない納豆っとかってもの試したんですが、臭わないなんて嘘でしたね(笑)
パッケージを開けた瞬間から広がる臭いアンド臭い・・・

う~ん、この臭いをなんとかしたいものです。
体に良いという事実があるので、とくに克服したい食べ物です。

あとパクチーや、香草などは臭いが強すぎて怖くて食べれません。
食べてみたら美味しいのかもしれませんが、食べる前からカメムシの味だとか、虫の味がするって脅されてしまったので、食べれなくなってしまいました・・・

あなたは苦手だったけど克服できたって経験ありませんか?

苦手なものって、食べるものだけじゃありませんよね。

機械音痴とか、人混みが苦手とか、電車、バスが苦手とか人それぞれデキればやりたくないっことがあるんですよね?

この人が嫌だな~、少しでも改善で出来たらな~って思っていることって、ビジネスチャンスだと思いませんか?
しかも、ユーザーや、お客さん側の努力なしで、改善できるとしたら、これは大ヒット間違いなしなわけです。

僕で言ったら、車の運転が面倒だと思っているんですが、僕の今の社用車は、高速道路上ではアクセルもブレーキも自動なんです!
前に車がいたら減速してくれて、いなくなれば設定した速度までスピードを上げてくれます。
そして、前車がブレーキを踏んだ場合なども、警告音とともに、ブレーキを踏んでくれるので、直線の多い高速道路だと、ハンドルを操作するだけなんでだいぶ楽になりました。

僕は訪問先によっては、一日150kmとか車で走行するので、この自動システムと燃費の良さは絶対必要だったんですよね。

これにより、長距離の高速道路も少し楽しくなりましたから、次の車の時も絶対必要な機能だと思っています。

まとめ

人が苦手に思っていることって、結構多いんですよね。

歯医者が苦手な人が行きやすい歯医者にしたり、女性一人で入れるラーメン屋さんだったり、ちょっとした苦手意識を考えてみるのもありですよね?

コメントを残す




CAPTCHA