営業活動が上手くいかない?ストレートラインシステムを活用しよう!

from:本多康裕

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
ストレートラインシステム」という言葉を聞いたことはありますか?

営業をする上では、「トナリティー」と「ボディランゲージ」がとても重要である、というテクニックのことです。

ジョーダン・ベルフォートによって作られた営業テクニックで、これにより、彼は自身の会社を大きく成長させました。
ジョーダンは、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でディカプリオが演じた主人公です!

今回は、そのストレートラインシステムの中でも一番大事な、お客さんに信頼してもらう方法を紹介します。

自身の営業活動だけでなく、部下の営業活動にも役立たせることができますよ。

お客さんに信頼してもらう方法って?

ジョーダンによると、コミュニケーションは「言葉」「トナリティー」「ボディランゲージ」の3つから成り立っているそうです。

トナリティーとは、声の調子のことです。

それぞれの重要度は言葉が9%、トナリティーが50%、ボディランゲージが41%となっています。

トナリティーとボディランゲージが大きな割合を占めていますね。
この二つに重点を置いているか意識してみてください。

トナリティーを使いこなすには?

例えば、自分の好きなアーティストや趣味について語る時、どのような口調になっていでしょうか?
力強く、笑顔で話していますよね?

人は誰しもトナリティーを使い分けているものです。
話す内容で声の調子が変わります。

その声の調子を自覚して、意識して使っていけば良いのです。

自社の商品やサービスにおいて、自分の好きなものを語るような話し方ができれば、クライアントにも、内容が上手く伝えられるようになります。

ボディランゲージはトナリティーを効果的にする

営業をする際に、言葉やトナリティーのみでなく、ボディランゲージも意識してみてください。

姿勢だったり、笑顔、相づち、ジェスチャーなどがボディランゲージです。

電話でのやりとりの場合も油断せずに、ボディランゲージを取り入れてみると上手くいきます。

台本を活用すればストレートラインシステムが上手くいく

営業する上で台本を用意してみましょう。

台本があれば、言葉についてあまり考えずにすみますよね。
トナリティーとボディランゲージに意識して力を注ぐことができます。

どのように商談が進んでも良いように、台本は十分に作り込んでおくことが大切です。

何を伝えれば良いのかわかっていると、安心して営業に挑むことができますね。

まとめ

いかがでしたか?

ストレートラインシステムについて、理解が深まったでしょうか?

今まで営業をしていても、クライアントとの会話が上手くいかない。
もしくは、なかなか成約に結びつかないなんて方は、ぜひとも活用してみてください。

ストレートラインシステムは、練習をすることによって、誰でも身につけることができます。

商品やサービスの知識を覚えるだけでなく、それを伝えるやり方も重要なんですよ。

コメントを残す




CAPTCHA