テレビから離れてみるとわかること

from:本多康裕

たまにテレビを観るからわかること
テレビってよく観ますか?

僕は最近、ほとんどテレビを観ないのですが、一人寂しくご飯を食べる時なんかは、たまにテレビを付けることもあります。

最近の芸能人によくあるパターン

たまにテレビをつけると、いかにも最近急に出てきたような芸能人が、画面上に映ることがあります。

もちろん初めて観る僕には、その人が誰で、どんな人かはわかりません。

でも、数分その人が喋るのを観ていると・・・
キャラがわかってしまうということがあるんですよ(笑)

それは、僕に視察能力があるわけではありません。
人相が読めるわけでもありません。

わかるのは、タレントのキャラクター付けが濃いためです。
逆に俳優や女優さん、スポーツ関係の人の場合はビジネスマン的な対応をされるのであまりわからないです。

でも一方で、お笑い系やバラエティ向けのモデル、誰々の旦那・彼氏というポジションの人は本当にわかりやすいです。

事務所側が考えたキャラクターなのか、自分で考えたキャラクターなのかは知りませんが、そのキャラクターにふさわしい発言をしています(笑)
それくらい最近のバラエティ系の芸能人っていうのは、キャラをつくりあげて出演しているということです。

キャラで失敗するか?成功するか?

僕は決して、キャラクターを作り上げることに批判的なわけじゃありませんよ(笑)

最近の芸能人は、単純なキャラクターのため、人気が出るのは早いと思います。
また、僕らのような視聴者が真似したり、話題にしたりしやすくなるというのも、重要だと思います。

でも、あまりにもキャラクターだけで推すと、コンテンツとして早く終わりやすくなります。
また一発屋になる可能性が高いってことを忘れてはいけません。

最大瞬間風速のように、ある瞬間では勢いは凄いんだけれども、いつの間にかいなくなるビジネスモデルってことです。

芸能事務所は基本的に一気に売って、売れなくなったら次のタレントを用意する使い捨てのビジネスなんですよね。
だから、仕方ないかも知れません。

あなたのビジネスでは?

でも、これをあなたのビジネスに当てはめたらどうでしょうか?

一気に推してすぐ終わるようなビジネスをして、何年も先に会社を維持させるだけの資源はありますか?

芸能事務所のように、使い捨てを繰り返しもずっと売れる何かってありますか?

まとめ

たまにテレビを観ると色々発見することができます。

たまには普段と違う行動をしてみるってことって大事ですね(笑)

コメントを残す




CAPTCHA